次代のものづくり 多種多様な金型・専用機部品
専用機部品
成形金型 プレス金型
トップページ
三都テックとは
会社案内
お問合せ
MITO TECK (有)三都テック

〒916-0016
福井県鯖江市神中町2-5-16
Tel.0778-52-1287
Fax.0778-52-2667
e-mail.info@mitoteck.jp

 
 
おもにエンミドルやドリルなどの回転工具を使用して加工物を削りだす加工方法です。CAD/CAM設計により作成されたプログラムにしたがって、2次元・3次元形状を自動的に加工します。また、付加軸(同時4軸、5軸)を使用すれば、さらに複雑な形状を加工することができます。
 
銅やグラファイトなどの導電性材料を工具電極として、絶縁液のなかでその電極と加工物との間に放電を発生させ、加工物を除去していく加工方法です。電極の形がそのまま転写されるので、加工したい形状に電極を作製しておけばそのとおりの形状ができあがります。
 
型彫放電加工と原理は同じですが、工具電極として細いワイヤーを使用して水のなかで加工物を糸鋸式に切っていく加工方法です。微細で複雑な形状や上下で異なる形状、クリアランスの均一な雄、雌金型の加工に特徴があります。
 
高速回転する砥石が数多くの砥粒を切刃とし、加工物をわずかずつ削りとっていく精密加工方法です。機械加工の最終仕上げのひとつとして、高精度で高級な仕上げ面の加工を能率的におこなないます。マシニングセンターなどでは切削が困難な焼入鋼や、超硬、セラミックなどの成形研削、ラップ、ピッチ研磨による超鏡面仕上加工をおこないます。